こんな時間でも虹が出るとは

今朝のウォーキングの出来事です。
いつものように出掛けましたが、ふらふら よたよたしながら歩いていました。
頭がめまいのような気分でした。
いつもの公園に到着し、歩いていると女房が「虹が出ている」と言った。
見ると虹は左半分が出ていた。
この時は4時40分で曇り空、多分てっぺんから右半分は雲の中なのか、それとも半分しか現れていないのかな。
時々虹の方向へ目にしながら右折した。
当然虹を見ることは出来ません。
少し歩いてから虹を見ようと後ろに振り返った瞬間ひっくり返ってしまった。

いわゆる転んでしまったのだ。
手の指と膝頭に擦りむき傷をしてしまった。
ころんで立ち上がろうとするんだが、力が入らず女房の肩につかまってようやく立ち上がれた。
家を出るときからいつもより身体の状態はひどかったが、歩けば軽くなるだろうと思って出かけてきたのだが、こんな結果となった。

今もめまいがしている。
これは抗がん剤の副作用か、それとも他の新たな病が発生したのかな。
口内炎らしきものが出てきた、これは抗がん剤にのせいだろう。
身体がふらつくのは数日前から始まっているから、抗がん剤の副作用と切り離すべきかな。
こんな状態が続けばブログも閉鎖し、パソコンのデーター類も削除しておかないとね、他人では出来ないもんね。
断捨離とか就活と言う言葉が浮かんできました。
俺はすぐに終わりが来るとは思っていねーさ。

縁起でもないけど、こんなことわざを知りました。
老いて死せざる是を賊となす
 =一生、善行もなくただ歳を重ね、死にもせず風俗を損なう者は、社会の害賊である
かつえて死ぬは一人、飲んで死ぬは千人
 =餓え死にする者は少ないが、酒を飲み過ぎて死ぬ者は多い。
MORIARU CEREMONY SOU-SENより

コメント

タイトルとURLをコピーしました