風疹流行で思い出した

新聞報道によると関東で風疹が流行しているとの事。
特に30〜50歳の男性は要注意だそうだ。
私等年寄りは菌も寄り付かないんでしょうか?
もちろん子供の頃に風疹に罹ったことがあったかどうかなんて知るよしもない。
予防注射があるようだが昔のことだからやってないでしょう。

予防注射で思い出すのはツベリクリン注射による検査をやったのをよーく憶えております。
いわゆるツ反です。これで陰性となればBCG注射でしたよね。
ツ反で赤くなっていないと自分でその部分を叩いて赤くして判定に臨んだことありませんでしたか。
今思えば何と馬鹿なことをやったもんだと思いますが、BCG注射を受けたくないからこんな姑息なことをやったもんでした。
ほとんどバレちゃったようですがね。

目的は結核予防でしょう。
当時はそんなに結核が流行っていたんでしょうか?
私が小学生の頃は1950年代でしたが、この結核予防法が設定されたのは昭和26年だそうだ。
更に検索して分かったことに、1950年代で結核が原因とされて亡くなられた方の全病気別での順位は1~4位と高位を占めていたそうだ。
ツベリクリン判定を毎年の如くやられたのもうなずけます。
当時の偉い方々が我々子供のために法を整備して守ろうとしたとは全く知識として無く、誤魔化すような行為をしていたとは情け無い。
親の心子知らず
ちなみに今でも油断できないらしい、そのために注意喚起されてますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました