勝手だよ

OSはWindowsがいい?

ノートパソコンを買ったことは既に書きました。
メーカーパソコンはいろいろなアプリケーションソフトがくっついているので便利なようだが起動が遅くなったりして、使い勝手は今一つだと思うのは私のわがままでしょうか。
パソコンのOSはWindowsとMacが多くの人に使われているのはご存知の通り。
でも、私はLinuxというOSを搭載しています。
LinuxとWindowsの違いはどこにあるのか?例えばOSをとってみれば、Linuxはフリー、Widowsは2~3万円するようです。
もうひとつ気になるのはアップデートだ。
Windowsはアップデートでプログラムをダウンロードしてその後インストールされるようだが「更新プログラムを構成している」との表示されることもあります。
これが結構いらいらさせてくれますよね。
Linuxでもアップデート後、再起動せよと要求されるがwindowsほど時間はかかりません。
この違いはどこにあるんでしょう。
どうして有料でありながらユーザーを平気で待たせるんでしょうか?
このアップデートはウイルスから保護する目的だけではないようですものね。

アプリケーションソフト

Windowsのシェアーが圧倒的ですから私どもが使いたいと導入するソフトはWindowsに狙いをつけて開発されます。
市場占有率からみればWindowsが標準機とも言えますから当然ですね。
ビジネスユースだけとは言えないOfficeもMicrosoftとLibreOfficeがあります。
これの互換性はありますが微妙なところで同じではなさそうだ。
特に表計算ソフトのExcelとCalcでは互換性に問題が出ることを経験している。
Windows用としてKingSoftのOfficeソフトは安くて機能はMicrosoftと同じだと聞いているが、試したことはないから一般的な評価を書きました。

パソコンの動作速度

パソコンの起動はアップデートの時だけが問題となるわけではありません。
記憶装置であるHDD(ハード・ディスク・ドライブ)とSDD(ソリッド・ディスク・ドライブ)の違いもおおきい。
SDDは処理速度が早いのが最大の売り。
でも、お値段が高いことが問題である。
寿命はHDDより永いらしいが突然壊れるという。
HDDのように、いつもと違う音がして壊れそうだの予測できると言うことがないそうだ。
起動だけでなく音も静かですよ。
私はメモリーの保管容量は小さくても問題になりませんから120GBのSSDを5,000円程度で買ってきて使っています。
快適ですよ。

(たで)食う虫も好き好き

コメント

タイトルとURLをコピーしました