開き直って恥さらし

今回もカタカナ語の事です。
カタカナは憶えられない、と言うか分からないまま話が進んでしまうから困るんですね。
記憶力や想像力が弱って来ているのに、カタカナを多用されて分かった風に見せて恥をしのぐことも少なくないかな。
分からにまま話が進んでしまう事が多いと感じてしまうのは、バカな年寄りの僻みでしょうか。
自分が知らないことをこうして晒してしまうのことを開き直りと言われてます。
新コロナウイルスの件をテレビで多く流され始めてからカタカナが多くなってきたと感じている。
そもそも海外発の事象だから情報をWHO(世界保健機関)のような海外団体から入手せざるを得ないからかな?
日本語で訳せないとするならばそれは仕方がない。
日本語が貧弱な言語であるとあきらめざるを得ないのかもね、でも大部分は和訳可能なんでしょ。

私が気になるカタカナを取り上げてみましょうか。
パンデミック:世界的流行
クラスタ:集団感染
ロックダウン:都市封鎖
オーバーシュート:患者の爆発的急増
まだまだあるでしょうし、これからもどんどん増えてくるんでしょうか。
カタカナの方が理解しやすいという方も少なくないかも。
語学力の高い人には問題とならないのかも知れませんが、国民に周知徹底させるには国の言語で知らせてもらうほうが良いんじゃないでしょうか。

日本語的な用いられ方されているカタカナも少なくないでしょう。
スタート、ストップ、クール、ネット、ホット、キックオフ・・・
そうだ、ウォーキングは私自身しょっちゅう使っています。
良し悪しを言いたいのではありません。
これは分かって欲しいし理解して欲しいと思っての話だったら、全ての年代の人に理解できるような言葉を選ぶべきでしょう。
話があっちこっちになりますが、外国人と話をする場合、やさしい日本語を使えって言われます。
難しい単語を使わずに平易な日常使われる言葉で話すようにと諭されますね。
相手のレベルに合わろってことでしょう。
私のようなカタカナ音痴人間には漢字のほうが助かります。
今回も私の
言いたい放題
の恥さらしでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました