冬至

今日は冬至で昼の長さが1年で一番短い日で、朝起きも遅くなります。
冬至にはゆず湯とカボチャと言われています。
なぜなのか?
いずれも風邪をひかないよう予防措置と言われてますね。
今年はインフルエンザが流行っていると新聞に書いてありました。
この時期に風邪予防できるんだったら実行スべきですかな。

今朝も寒かったけど、グラウンドではちびっ子達が集まっていたし、父兄なんでしょうが駐車場には多くの車が停められしかも続々と入ってきているのが見受けられました。
この子らには風邪とは無縁なのかもね。
風邪には関係なくても、暮もそろそろ押し迫りつつある日曜日、7時半過ぎたばかりだが親御さん達も家事を押しのけて応援でしょうか、大変だね。

一方公園内の通路というか道に赤色のポールが並んでいましたが、なにが行われるんだろうと
いつもより大回りしてみた。
このコースならば1周すれば3キロぐらいかな。
車のロータリー前は中継場所の旗が立ってましたからこれはどうやら中学生の駅伝が行われると見て取れました。
こちらはさすがに父兄付き添いは無さそうだが受付の机を並べたり、旗を立てたりと大人が忙しそううだった。
先生なのか応援の先輩たちなのか分かりませんが、家のことをしないで大丈夫か?と他人事ながら心配です。
もう少し時期を早めてやればいいのになーと思いましたね。

何となく師走のムードに押されて気が急いているのはジジババばかりかな。
猫の手も借りたい
のはグラウンドに集まっている大人たちかもね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました