笑顔こそ幸せの証

笑顔の二人づれ

ウォーキングの帰り道、対面(といめん)から女性の二人づれと行き違った。 お二人は何が可笑しいのか笑いながら通り過ぎた。 見たところおばあさんとお孫さん、と言ってもれっきとしたお嬢さんだ。 楽しそうな笑顔はこちらもうれしくなります。 特に若いお嬢さんの笑顔だったら文句なしですね。幸せーって感じ。

お年ごろ

はしが転がっても笑う年頃なーんて言われます。 このお年ごろって何歳ごろを指すのかな? 10代なかば頃でしょうかね、中学生から高校生といった感じでしょう。 二人連れのお嬢さんはハイティーン十七〜十八ってとことみたね。 私んちのそばの道は中学生の通学路として朝夕賑わう時間がある。 女子のグループが通るときは結構けたたましいほどの笑い声が聞こえます。 多分、我々が聞いていたら、大笑いするような話しでなくても彼女たちには面白い話題となっているんでしょう。

笑顔は愛敬

ブスッとした顔だったり、乙に澄ました気取った顔より笑顔のほうが良いのに決まってます。 昔から言うじゃないですか、男は度胸で女は愛敬とね。 3件隣のお嬢さん、通勤するときに我が家に私らが庭にいるのを認めると、必ずお嬢さんの方から挨拶してくれます。 それは私のことを知っているのではなく近所のおじいさんに挨拶しているのだと知りました。 そのことを知ったのは、近所の道端(両端でしたけど)ですれ違った際、挨拶はありませんでした。 私もあのお嬢さんではないかと思いながらもそのまま通り過ぎました。 つまり、お互い良く見知ったお隣さんというより近所だから挨拶しているだけ。 でも、挨拶されれば嬉しいし、しつけの行き届いたご家庭なんだと感心させられます。 笑顔が一番なのはあかちゃんだ あかちゃんの笑顔は誰でも笑顔に誘われるし、ほっぺたをそーっと触ってみたくなるもんですよね。 これは老若男女の区別なく「私を見て笑った」って、嬉しがっている場面を良く見かけます。 笑ってごらん その笑顔に幸せが飛んでくるよ 笑う門に福来る

コメント

タイトルとURLをコピーしました