これも歌

口ずさむ歌声

昨日ウォーキングの帰り道、小学低学年の子二人とそのおばーさんらしき3人連れが我々の前方を歩いていた。 我々のほうが速度は早いのでまもなく追いつくという段階で口ずさむ声が聞こえてきた。 どうやら子供の一人が歌い出したみたいです。 「スズメの学校は池の中・・・」 3人組はそのまま道なりにまっすぐ進み、我々は曲がって、成り行き上別れる格好となりました。

納得できない

私ら夫婦は何となく顔を見合わせた。 なにか変だなーと二人共感じたのだ。 聞こえてきた歌に納得できなかったんですね。 分かりました、スズメではなくメダカが正しいことを。 女房曰く 「スズメの学校の先生はムチをふりふりチーパッパ・・・でしょ」 「スズメさんとメダカさんの間違いかしら」

こんなケースだってある

察するに4月は転勤の時期、ということは引っ越しも多かったはず。 スズメさんも転校してきたばかりなのかも知れませんね。 多分、お空の学校から川の学校へ転校したんでしょう。 娘さんに「間違いですよ」なんて余計なお節介はしなかったから良かった。 時と場所柄をわきまえて事の次第を観察すれば、我々じじばばの方が間違っており恥をかくところでした。 自分の頭のハエすら追えないんじゃボケと言われそうだ。 転校で学校が変わっていたなんてね、想像してなかったよ。 これからは気をつけよう、用心、用心、火の用心なんて心境です。

童謡っていいでしょ

こんな童謡教えてもらっているんだね。 学校かしら、幼稚園かな、どこで憶えたんだろう。 スズメもメダカもどちらも可愛い存在です。 学校と結びつけるとなにやら堅苦しい感じを受けそうですが、そんなイメージをもって今回のむすめさんも唄ったんじゃないでしょう。 物事は素直に取るべきだ。 楽しそうな学校のようすを思い浮かべていたんだろうか? ぜひ、そうであって欲しい。 そして自分の心に正直であれとの教えもあります。 素直にまっすぐ伸びろ、は我々のむすめさんへの気持ち。 正直は一生の宝

コメント

タイトルとURLをコピーしました