いつもの夏

セミの初鳴き

今年も恒例のセミの鳴声を、昨日中学校のそばを通った時聞きました。
そして、今朝のウォーキングの時にも神社のそばでアブラゼミが鳴いているのが聞こえた。
今年最初のセミです。
2014年は7月16日、2013年7月11日にセミの声を確認したと書かれていました。
昨年はブログを中断してましたので記録はありません。
季節の確認目的のブログではありませんので、この日が当地区の初鳴きとは言い切れません。
自分の耳でセミの初鳴声を確認できた日です。
昨日7月17日が初耳の日ですから遅いとか早いとかを論じるほどの差ではないと思います。
まだ梅雨明けの発表はされていませんが蒸し風呂のような天気を既に経験した方も多いでしょう。
構えて覚悟しなければならない季節の到来です。

やまもも

こちらの収穫は終盤となりました。。
今年は出来は良くないと感じています。
毎年公園のやまももの実を摘んで味わうのを楽しみにしていましたが、今年は未だ実が小さいからと待っているうちに食べごろのサインである実の色が黒ずんできました。
毒味をしているとその味たるや食するに値しない代物であった。
それは果汁が無いんです。
元々やまももは種が大きく果肉はへばりついているような実ですが、食べると果汁がしみだして美味しいんです。
その果汁が出なくては価値はない。
どうして今年のやまももの実は粒が小さく果汁もないのか?
加えて昨年実を付けた木に一つもならなかった木もあったし、実の落下も赤い色のまま落ち始め、早すぎると感じた。
もう時期的に遅いから、今年は残念ながらおしまいです。

緑のカーテン

日陰が欲しくて毎年ニガウリとつるむらさき、朝顔を植えている。
近所と比較すると我が家の成長度合いは遅れをとっているようだ。
まもなく梅雨が明け、お日様がギンギンと照りこの緑のカーテンが効力を発揮してくれることを祈りたい。

夏だからと言って避暑地へ行ける身分でもなし、我慢比べの日が続きます。
夏暑く冬寒い、こんな家でも
住めば都

コメント

タイトルとURLをコピーしました