浅はかだ

4億円の当たり馬券

先だって朝日新聞のスポーツ欄に「史上最高4億円馬券」と出てました。
投票された数は626万弱票で、そのうちの当たりは1票だったそうだ。
最近の馬券投票は競馬場で馬券を買うんじゃなくてインターネットでも購入できるレースもあるみたいですね。
私も若い頃馬券を買い求めて、場外売り場や競馬場に行ったことがあります。
儲かるもんじゃなーい、ってー。
当時は8枠で連複で予測して→1着と2着に入ってくる馬の枠を当てればいい、1-2の組み合わせを予測したら1と2枠の馬が1と2着に入ってくれればいいのだ。
すべての組み合わせを買えば必ず当たりますが、投資額が配当額を上回るんだったら買えばいいんだがそうはいかないのが賭け事です。

負け

私は当たる確率を考え且つ利益を得るにはどうすべきかと悩んだ結果、単勝1点張りを選択して賭けました。
単勝だったら出走頭数10頭だったら10通りで当たりを得ることになりますから当てやすい。
当たりとなる確率を高めるには、競馬記者とか予想屋さんがトップを取るのはこの馬と予想を立てられた馬、つまり本命馬に注目することだ。
本命が来る確率は高いが100%ではない。
1着になりそうな馬はいわゆるガチガチの本命馬と言われるが、配当は当然低い。
配当率と着順率をにらんで投票します。
2倍程度の配当が出そうなレースと決めた。
そして投資額はこんなふうに考えた、千円投資して配当2千円では高々1千円しか儲けがなく面白みは薄れる。
そこで1レースの投資は1万円と決めた。
浅はかな試みでした。これは短慮と言うべきか。
結果、通しでみたら持ち出しだった、平たく言えば負けだ。
取らぬ狸の皮算用

今頃の競馬

連勝複式やら単勝式から今や枠から馬番となってしかも連勝単式とかワイドとか複雑になってきたようだ。
この勝馬投票券購入もインターネットで購入できるというから益々便利というか賭博奨励で稼ぐのはどなたとなるんでしょう?
汗水流してこそ真の小金持ちとなるんではないか
大金持ちになるか極貧となるかは汗水流すか投資や競馬で儲けるかは自分の了見だ。
一攫千金
あわれなるかな狙って夢破れ

コメント

タイトルとURLをコピーしました