お世話になりました

まあまあの更新数だった

今年はいろいろありましたが、勝手な自己主張?らしきものを吐きながら更新させていただきました。
勘定しましたら今回の更新は158件目となったようです。
月当たり13件ですから私にとって良く頑張ったほうでした。
これも来て下さった方々のお陰です。お世話になりありがとうございました。
ブログとなれば、ほぼ毎日更新されていらっしゃる方も多くいるようですが、毎晩こんな肴でこんだけ飲みました、と書いても面白くもなんともないでしょ。
自分が思うんだから、たまたまお出で願った方だったら尚の事です。
こうした理由をつけながら更新の少なさを言い訳させてください。

何が受けた

ここでどんな内容の記事だったかを分析するようになったら今後に期待できるんでしょうけどね。
そこで一番多かった話は何か?を調べたら
1月10日に書いた「漢字パズルの答えはハッピーエンド」:大団円の話で73人の方が読んでくださったようです。
2番めは7月18日「いつもの夏」で70人でした。
あとはその他大勢でここに書くほどのものではありません。
1話で70票だったら他の人のブログのレベルだったら恐らくその他大勢の口だと思いますね。

検索されたらいいな

どんなテーマで且つキーワードはどんな言葉が引き付ける要因か、とさぐりを入れればいいんでしょうね。
しかし調べてみたとしてら、私が書いたキーワードがあまりにも世の人たちに受けない語が多いんだと思います。
つまり多くの人が検索する語ではない語ばかりなんでしょう。
検索するにあたって、疑問に思ったこととか意味を知りたいとか、ご自分の興味に合う語で探すでしょう。
拙作の話には「これはなんだ」と検索する語が文中に散らばっていないんですね。
これからも検索に引っかからないような思いつきを並べただけの話ですけど読んでもらえれば幸いだ、と願いながら続けて参りたい。
お目通し願えますよう頑張ってまいります。

捨てる神あれば拾う神あり
拙文を読んでくださる方は、拾う神様だと思います。
神様に救われたいのはどんな場面でも同じですね。
皆様にも多くの場面で神様にお会いできることをお祈り申し上げております。

おしまいに、新年のご挨拶は義母が102歳で旅立ちましたので差し控えさせていただきます。
どちらかといえば不祝儀よりも祝儀に近い長寿でしたが、世間様の例に習いまして喪中とさせて頂きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました