ありがとう金曜日

プレミアムフライデー

今日の新聞の広告やチラシは皆こぞってプレミアムフライデーとうたってますね。
安くするから買ってくれーとさ。
そもそも働き方改革をねらってこのようなキャンペーンを打ち出したんでしょう。
改革のきっかけは何だったんでしょう。
思うに、電通で起きた新卒社員の件から起きた長時間労働の問題を改善しようとの、政府と経団連
が取り組んだ働き方改革から出たのではなかろうか?
そもそもこの長時間労働とかサービス残業は、私らが若い頃に流行った「モーレツ社員」が発端だったのではないか。
「つべこべ言わず目標達成までガンバレ!」の威勢のよい掛け声に踊らされて夢中で働きましたね。
三六協定なるものが存在していて違反しないようにしなければと言いつつ、今日中にこなそうとすればサービス残業へと・・・・
悲しい哀れなサラリーマン。
どこが旗振ってもいいけれど、働く人が本当に楽しむことができるんだろうか?疑問に思う。
定着してほしいよね。

何でプレミアムなんだろう?

私の感覚ではプレミアムとは、おまけというイメージだったので、この日の名称と趣旨がピンとこなかった。
premiumを辞書で知らべたら
割増、景品、報奨金とか書かれてあったが、今一歩分かりづらい。
プレミアムがご苦労様と感謝の意味が込められているならば、勤労感謝の日とどう違うのかな。
手持ちの辞書が古いから今風の解説がなされていないんでしょうか?
なんでも便乗すればいいてもんじゃないと思うが、各界この話に乗って商売に結びつけたいとの思惑が見え見えだ。
今日の主人公は働いている人!
私は関係ないからこんな口車には乗らないよ

巧言令色すくなし仁
うまい言葉でいい顔して来るような人は誠実ではないと。
平たく言えば、へらへら愛想がよくって調子いい言葉で、気を引くような人は信用できないって教えですよね
乗せられないようにしましょうや

コメント

タイトルとURLをコピーしました