やったら分かるよ

ブレーキ鳴き

2週間ほど前に載せた話の続きみたいなもんですが、孫から貰い受けた自転車、安物だったためブレーキからキーキーと音がする。
自転車の後輪のブレーキには3種類あることを知りました。
多くはローラーブレーキというやつでステンレス製だと思いますが光って小型で音はまるっきりしません。
次に多いのはバンドブレーキで色は黒が多くブレーキ本体にネジが2本出ているタイプ。
これがブレーキを作動させるとキーキー音を立てる代物で、直径11センチとローラータイプと比較すると一回り大きい。貰い受けた自転車はこのタイプ。
今回調べて分かったのはサーボブレーキというもの。
これはバンドブレーキと同じ大きさで本体にネジが付いていません。
外観は似ているがブレーキングが違うんだとか。
今回ブレーキ交換を試みることにして、ローラータイプにしようと古い折りたたみ自転車のブレーキを外して比べてみたらバンドタイプとは互換性がないことが分かった。

サーボブレーキ

このサーボブレーキはバンドブレーキと互換性もあり、音も出ないと書かれてあったし、ブレーキ交換方法が紹介されていたのでチャレンジした。
ブレーキを外すのには車軸に取り付けられたブレーキドラムとでも言う?部品が外れないとの指摘が多い。
ドラムを外すために4千円以上する専用工具が必要だとか。1回限りの作業に購入する気は起きない。
ドラム本体に1センチ程の穴が左右対象位置に明いている。
専用工具もこの穴を利用して外しているから、専用工具を使わない人も穴を利用しながら苦労しているようだ。
私が使わせてもらった方法は、穴に貫通ドライバーをあてがってドライバーの尻を金槌で叩くやり方です。
こうすることでより強い力を与えられることは経験上知っていたから使ってみた。
ドラムは車軸にねじ込んであるがネジの方向は正回転(標準ネジ)で締まっている。
だから叩く方向は反時計方向に打てばいいんだが、私が持っている金槌で一番重いのを使って10回ぐらい叩いてようやく緩んだんだから、専用の工具を使えのアドバイスは適切かもね。
もちろんネジ部を事前に注油しておきましたけどね。

やりがいあった

バンドブレーキが外れるのを確認した上でサーボブレーキを買いに行きました。
新しいブレーキに交換して試運転。
鳴りは出ません。
たまに小さな鳴りが出ましたが気になるほどではないし、ブレーキ操作回数から見れば鳴る比率は大幅に低くなった。
まずは成功した作業で満足感もあった。
費用1,944円で済みました。
ものは試し
案ずるより産むが易し

コメント

タイトルとURLをコピーしました