ブラウザで警告が出る

Firefox

ウエブ・ブラウザは何をお使いですか?
私はFirefoxを使わせてもらってます。
このブラウザを選んだ理由は特にありません。
WindowsだったらInternet Explore(IE)が標準装備でしょう。
Windows10だったらEdgeですかね。
私のパソコンにはLinuxのubuntuで動いてます。このOSではブラウザはFirefoxが使われているからです。
ブログの管理画面に入るのにIDとパスワードを求められますが、2ヶ月ぐらい前から「警告」が表示されパスワード入力の邪魔してました。

警告の理由不明

警告が出る理由が書かれている画面を表示しても私には理解できない。
さらに深堀りしようと試みると英文に行き当たります。
何とか解決したいとパソコンの英訳サイトで和文に変換させるが増々意味不明となってしまった。
Googleさんに聞いてみたらよかんべ、と検索するもさっぱりヒットしない。
Firefox自体はGoogleには及ばないかも知れないが多くの人が利用しているブラウザだと信じている。
それなのになぜヒットしないのか?
ブログのツール?のWordPressだって多くの人に利用されているはずだ。
Firefoxのバージョンによって起きている現象だと書いてあるから多くの人が同じような目に遭っているはずなのになぜ解決策を示すサイトに行き当たらないのかと悩みながら、WordPressの管理画面からパスワードを変更すると一時的には警告がなくなるので、そんな一時しのぎで逃げ回っていた。

SSL化を求めていた

この警告では「パスワードが盗まれる」とか書かれているから気味悪いよね。
解決策に目的のサイトのURLをhttp://aaa.comをhttps://aaa.comにしなさいと書いてあるがこの意味が私には理解できなかった。
パスワードを保護するためにはSSL化しないといけません、と言われても
私が勝手にhttps://choito.chobi.net/と書いてもいいのかどうか分からないんです。
このSSL化とはネットで通信するときの暗号化する技術を現しているんだそうだが、私のブログは暗号化するような高度な情報なんてありません。
でも試しにhttps://choito.chobi.net/でも開くことができることは確認できました。

ついでにもう一つ

もう一つ試すことにしました。
警告が出る管理画面へのURLにhttps://と「s」を入れてみたら警告が消えました。
これのことを言いたかったようです。
つまり管理画面に入るには必ずパスワードを求まられます。
パスワード入力するようなサイトには「s」を入れれば暗号化してやり取りできますよとFirefoxさんは言いたかったようです。
言い換えれば、暗号化されているからパスワードを書いても保護されていますよとね。
ついでに言えばGoogleブラウザでも同じような仕組みになっているんだそうだ。
無知って怖いですね。
分かってみたらなんのことはない
コロンブスの卵
でした

コメント

タイトルとURLをコピーしました